東北被災地視察ー私の知らない日本ー

私は日本の地方に行ったことがほとんどない。兵庫生まれではあるが、横浜と東京で育っており、完全な都会っ子である。九州や四国は行った事が無いし、北の方にはスキーに行ったぐらいである。さらに旅行や出張では海外に飛んでしまうことが多く、日本国内を見る機会は尚更少なかった。

そんなわけで、半年前に日本に帰国してから、地方に足を運ぶように心がけている。今週末は大学時代の友人が調査で被災地に行くというので、お願いして同行をさせてもらった。私は東北大震災時には海外におり、被災地も見たことがなかったので、これは大変貴重な機会だった。 いくつか感じたことを徒然に書き留めておく。ちなみに視察したのは石巻市がメインで、気仙沼、陸前高田などを経由し、釜石まで北上した。

・周りの人との繋がりを失ったために、精神的な面で傷が癒えていない人が多い。 中でも、いわゆる社会的弱者(独居高齢者、シングルマザーなど)は、周りのサポートを受けにくいため、精神的に病んでしまう傾向にあるらしい。彼らも、震災前はご近所などの地域とのつながりがあったと思われるが、震災後は周りの人が亡くなったり、仮設住宅でバラバラになったり、とするらしい。すなわち、地域コミュニティが崩壊してしまい、それが精神的な回復を遅らせている、ということである。 ちなみにこのような地域コミュニティの崩壊というのは、特に日本人にとってはかなりの打撃になるのではないかと思う。日本人は文化的に、自分の存在価値を自分の内面ではなく、外部からの認知に頼る傾向がある。すなわち、自分で自分に価値があると信じられる人が少なく、周りの活動・輪の中に入れてもらって初めて自分の存在価値を感じる人が多い。これは特に、昔からある下町や、田舎において特に顕著な傾向であると思われる。

・復興は、元のように戻すのみならず、新しい取り組みが多く入ってきている。

例えば、社会的弱者の訪問を市からの受託で行ない、彼らを巻き込んだ様々な活動(例えば農作業など)を行って精神的な傷を癒していくという社会企業が動いている。新たな水産加工所、野菜工場の建設が検討されている。銀だこの本社が、復興支援のために、石巻に移転している。現地の大学生が、商店街の商品プロデュースに関わり、利益を出している。このようなバイタリティのある新たな取り組みは非常に面白いし、必要不可欠だと思う。

・この視察では、大きな感情移入はできなかった。 町中に打ち上げられた船、中身が完全に流された学校の建物、鉄筋だけ残った防災所などを見て、津波の絶さは伝わってくる。しかし正直なところ、私はあまり感情移入はできなかった。涙を流すような衝撃を受けなかったし、助けてあげたいという感情も沸かなかった。私のとって震災は、まだ他人ごとの域を出ていないようだ。残酷のように思えるが、感情はコントロール出来ない。もっと、感性を研ぎ澄まして、より多くの現地の人と話せば、もう少し何か分かるのかもしれない。

ちなみに、連休であることもあってか、かなり多くの外部の人が被災地に入っていたようである。私は、被災地支援は、支援を受ける側だけでなく、支援をする側にとっても必要なことなのではないかと思う。社会が様々な面で閉塞しており、自分の価値を見つけることが難しくなっている。そのような状況において被災地支援は、非常に明確に、自分の価値を認識できる行為なのだ。上述したように、日本人は「周りの活動、輪の中に入れてもらって初めて自分の存在価値を感じる」のであろうから。

東北

川の中に孤立する建造物

打ち上げられた船

 

広告
カテゴリー: Uncategorized | 1件のコメント

国連Rio+20会議での新たな伝説のスピーチ

このスピーチには、感動した。ずっと自分が持っていた疑問を、見事に表現してくれた。良い英語訳を提供してくれたThe Wander Life と、日本語訳を作ってくれたHana.bi にまず感謝。自分に言葉にする意味も兼ねて、自分の手ででもう一度日本語訳してみた。

2012年6月20日 ウルグアイ共和国大統領ホセ・ムヒカによる、国連Rio+20でのスピーチ

訳:碓井健太

ご来場の世界各国の代表の皆様、ありがとうございます。ブラジルの皆様と、ディルマ・ルセフ大統領にも感謝いたします。そして、私より前に、ここに立って演説された全ての熱意ある発表者の皆様に感謝致します。

我々はここで、国や組織を代表する者として発言しています。困難に陥っている人類が、何かに合意できる可能性に掛けているわけです。

しかしながら、お伺いします。今日の午後中、我々はずっと持続可能な発展と、大規模な貧困削減について話してきました。

心の中で、何か違和感を感じるのはなぜなのでしょう?これが、裕福な社会をもとに作られた発展と消費のモデルだからでしょうか。

一つ伺いますが、インドの各家庭が、ドイツの家庭と同じだけ車を持つようになっったら、この星はどうなるでしょうか。息をするための酸素がどれだけ残されるでしょうか。さらにはっきり申しますと、今日の世界に、70億、80億の人々が西洋の裕福な社会と同じぐらい消費・浪費をするだけの原材料があるのでしょうか。それとも、いつか考え方を改める必要が出てくるのでしょうか。

市場と競争が産んだこの文明は、爆発的とも言えるモノの豊かさをもたらしました。しかし市場経済は、市場社会も作り出し、グローバリゼーション、すなわち、世界中とのつながりをもたらしたのです。

私たちは、グローバリゼーションを支配できているのでしょうか、それとも、グローバリゼーションが我々を支配しているのでしょうか。過酷な競争が支配する経済の中で、連帯や、共存共栄といった話ができるのでしょうか。人類愛とは、実際のところ、どこまで可能なのでしょうか。

このようなことを言うのはこの会議の意義をを否定するためではありません。むしろ逆です。我々が対面している大問題は、環境の危機ではなく、政治の危機だからです。

今日、人類が放った市場の力は、制御不能に陥っています。暴走した力は人類を支配しています。人生もです。

私たちは、発展するために生まれてきているわけではありません。幸せになるために生まれてきているのです。人の命は短く、あっと言う間です。生命より価値のあるものなと存在しません。これは、根本的に大事な点です。

「より多く」消費するために身を粉にして働いている間に、人生は過ぎてしまいます。消費が社会の原動力ですから、消費が止まれば経済は停滞し、皆の前に不況という魔物が現れるのです。しかし、この「超」消費こそ、この星を破壊しているの張本人なのです。

この「超」消費社会は、より多くを売るために、短い寿命の商品を必要とします。そのため、電球は1000時間しか持ちません。10万時間持つ電球があるのに、です!使い捨て社会を存続させていくために、長持ちする電球は市場が消し去る。このようにして、我々は悪循環に陥っていきます。これは政治の問題であり、社会の別のあり方に目覚めるべき時ではないでしょうか。

石器時代に戻れといっているのではありません。しかし、今のように市場に支配され続けることはできません。市場を、支配する側にならなければならないのです。だからこそ私は、我々が対面している問題は政治的な問題だと、僭越ながら思うのです。

昔の賢者達、エピクレオ、セネカやアイマラ民族までこのような事を言っています。「貧しい人とは、少ししか持っていない人のことではなく、無限にもっと、もっとと欲しがる人の事だ」と。これは、文化の問題です。

今この場でで行われている合意に向けた努力を私は尊重しますし、国の代表として、支持します。私がここで言っていることは耳障りかもしれません。しかし、水危機や、環境破壊が問題の根源でないことに気づく必要があります。見直すべきなのは、私達のライフスタイルなのです。

私の国は小国ですが、生活に必要な自然資源に恵まれています。私の国には300万強の人々しかいませんが、1300万頭の牛がおり、質は世界最良とも言われます。800万から1000万頭のヤギもいます。食料品、乳製品、肉製品を輸出し、国土は準平原で、土地の90%は肥沃です。

我が国の働き手は、闘争の末、1日8時間労働を勝ち取りました。今は、1日6時間です。しかし、6時間働いた人は、その後もう一つ仕事をするため、前よりも長く働いているのです。なぜか?バイクや車、その多諸々のローン返済のためです。支払いが終わった時、彼らはいつの間にか私のようなリューマチの老人なってしまい、人生はもう終わりに近づいています。そして、こう問いかけます:これが人生なのか、と。

私のメッセージは単純です。発展は、幸福を犠牲にしてはならないのです。発展は人間の幸福、生命への愛、人間関係、子供の世話、友情、最低限のニーズの充足、といったことに貢献すべきなのです。なぜなら、幸福こそが、最も大切な宝物だからです。環境のために戦う際には、環境の重要な一部として幸福があることを、忘れてはなりません。

ありがとうございました。

カテゴリー: Uncategorized | 6件のコメント

日本帰国

本日、2年8ヶ月のOECD勤務・パリ生活を終え、日本に帰国しました。しかし驚いたことに、フランスを経つ際にも日本に戻った際にも特に感傷に浸ることはなく、ただ、いつもの一日が始まり、終わっていくという感じです。日曜日だけ休みで、月曜日から出勤です。

これからもよろしく。

カテゴリー: Uncategorized | 3件のコメント

スティーブ・ジョブズの6年前のスピーチ

スティーブ・ジョブズの6年前のスピーチを偶然見つけました。Youtube で1300万人が視聴しただけあって、心に訴えかけてきます。エネルギーを貰いました。

いくつか特に良かったところ。

「もう一度言います。未来に先回りして点と点をつなげることはできない。君たちにできるのは過去を振り返ってつなげることだけなんだ。だから点と点がいつか何らかのかたちでつながると信じなければならない。自分の根性、運命、人生、カルマ、何でもいいから、とにかく信じるのです。歩む道のどこかで点と点がつながると信じれば、自信を持って思うままに生きることができます。たとえ人と違う道を歩んでも、信じることが全てを変えてくれるのです。」

「私がここまで続けてこれたのは、自分がやってきたことを愛しているからということに他なりません。君たちも自分が好きなことを見つけなければなりません。それは仕事でも恋愛でも同じこと。これから仕事が人生の大きな割合を占めるのだから、本当に満足を得たいのであれば進む道はただひとつ、それは自分が素晴らしいと信じる仕事をやること。さらに素晴らしい仕事をしたければ、好きなことを仕事にすること。もし見つからないなら探し続けること。落ち着かないこと。心の問題と同じで、見つかったときに分かるものですし、愛する仕事というのは、素晴らしい人間関係と同じで、年を重ねるごとに自分を高めてくれるものです。だから探し続けること。落ち着いてはいけない。」

「私は17歳の時、こんな感じの言葉を本で読みました。「毎日を人生最後の日だと思って生きてみなさい。そうすればいつかあなたが正しいとわかるはずです。」これには強烈な印象を受けました。それから33年間毎朝私は鏡に映る自分に問いかけてきました。「もし今日が自分の人生最後の日だしたら今日やる予定のことは私は本当にやりたいことだろうか?」それに対する答えが「ノー」の日が何日も続くと私は「何かを変える必要がある」と自覚するわけです。」

「君たちが持つ時間は限られている。人の人生に自分の時間を費やすことはありません。誰かが考えた結果に従って生きる必要もないのです。自分の内なる声が雑音に打ち消されないことです。そして、最も重要なことは自分自身の心と直感に素直に従い、勇気を持って行動することです。心や直感というのは、君たちが本当に望んでいる姿を知っているのです。だから、それ以外のことは、全て二の次でも構わないのです。」

「 Stay hungry, Stay foolish. それが、発行者の最後の言葉だったのです。それ以来、私は常に自分自身そうありたいと願ってきました。そしていま、卒業して新しい人生を踏み出す君たちに、同じことを願います。」

昨日見つけて、見るのはすでに5回目。最近忘れかけていた心のアツい部分を、呼びさましてくれました。天国のジョブズに感謝。

カテゴリー: Uncategorized | コメントをどうぞ

国連試験

先週水曜日に、国連のヤングプロフェッショナルプログラム(YPP)の筆記試験を受けて来ました。国連のYPPは平たく言えば、国連の新卒採用試験のようなもののようです。職務経験は特に求められませんが、32歳まで、という年齢制限があります。
選考プロセスは、書類選考、筆記試験、面接の3ステップ。これらをすべて通過すると、国連機関のどこかにポストを与えられる、というもの。職種は4つあり、
・行政:日本企業の総務のようなものにあたり、購買、人事など、国連内部を管理する仕事。
・広報:国連の活動を認知させるための広報を担当。
・統計:統計データの収集、解析
・人道支援:紛争国や災害の被害を受けた国を支援する仕事。支援の際の機関間調整などを行う。
ちなみに僕の専門は環境政策と開発政策。しかしこれは4つのどれにも当てはまらないので、人道支援の職種に応募。あまりよく知らない分野を、付け焼刃で勉強しました。
筆記試験は、General Paper と Specialized Paperに分かれます。General Paperはすべての職種に共通しており、文書要約の問題と10の小問題からなります。。ちなみに今回は、国連の加盟国はいくつか、気候変動を扱う機関はどこか、など、比較的基本的な問題が出題されました。
Specialized Paperは人道支援に関するもの。A国(仮想)で災害が起こったときどのような支援をすべきか、といった問題や、人道支援の原則、難民などについての問題が出ました。
試験は4時間半ぶっつづけ。大学院の試験より長く、ペンを持つ手が疲れました。この手の論述試験は、アルファベットの言語をを母国語としない国には若干不利であるように思います。書くのが遅いから。
その後何人かの試験仲間と一緒に飲みへ。皆時間を割いて、相当な準備をして試験を受けたようで、自分も見習わねば、と感じました。
結果は3月に出るようです。あまり期待はしていませんが、良い結果がでるといいな、と思います。今回の結果はどうであれ、決して手が出ない試験ではないということが分かったので、来年もまた挑戦してみるかもしれません。

https://careers.un.org/lbw/home.aspx?viewtype=NCE&lang=en-US

カテゴリー: Uncategorized | 4件のコメント

国連のペーパー

土曜日は久しぶりの休日出勤。平日よりも早く、オフィスに着きました。

ただし、やってることは仕事というよりも、個人的に書いているペーパー。以前仕事でお世話になった国連アジア太平洋経済社会委員会(UNESCAP) というところから、そこで作っているジャーナルに何か書かないか、という話があったので、そのペーパーを書いておりました。

国連のジャーナルといっても、厳格な審査があるわけでもなく、オンライン限定のものなので、大したものではありません。ただ、何か記事を書く、ということは良い経験になるだろうと思って承諾しました。お題は「低炭素技術と中小企業」。中小企業支援に詳しいOECDの同僚を巻き込んで、かつ無理やり開発援助の話とつなげて書いています。

締め切り?昨日でした。まだできてません・・・。

カテゴリー: Uncategorized | コメントをどうぞ

パリ帰還

木曜日朝4時に、パリに戻ってきました。一旦帰宅し、9時から出勤。仕事にならないかと思ったら、飛行機でそれなりに寝れたせいか、結構仕事を処理できた。

今回の日本帰国は、ある面接を受けるためだったのでした。結果は来週もしくは再来週のこと。あまり期待せずに、サンタさんからのプレゼントをくれるかな、ぐらいの気持ちで待つこととします。

そんなわけで、あまり人と合う時間を取れなかったこの帰国ですが、早稲田大学時代にお世話になった先生に何人か会うことができたのでよかったです。大学のゼミで、後輩の皆に大学院や今の仕事について話をさせてもらう機会も頂きました。後輩の質問があまりにも鋭いので、僕が面接をされているみたいでした。笑

こうして、自分が大学卒業後に辿った道を振り返ってみると、本当予想外の事が多く、少し不思議な気分になります。早稲田を卒業して3年半になりますが、当時、このような道を歩むとは夢にも思いませんでした。

これから3年半後、30になろうと言う時に僕どこにいるのでしょう。また予想外の展開があることを期待します。

カテゴリー: Uncategorized | 4件のコメント