英国EU離脱より大事なこと

昨日の晩(ワシントンDC時間)から、英国のEU離脱国民投票の結果を見てきた。英国で修士をやった身としてはやはりも気になるし、バスの中、布団の中、合唱練習の合間など、スマホでBBCをチラチラ見ていた。私は、結果はEU残留になるだろうと思っていたし、そうあってほしかった。

しかし結果は離脱。この結果について、色々な解説が出ている。EUから移民が英国の社会サービスを圧迫していること、EUの官僚体制、キャメロン首相の選挙戦略などなど。これらの解説はどれも一理あるだろう。しかしこの国民投票の結果は非の打ち所がなく、英国はEU離脱を選んだという結果は何人も否定できない。

だが、EU離脱という問題より根本に、より大きな問題があるように思えてならない。それは世界的に、社会が分断されてきているということだ。思いつきではあるが、この点について少し論じてみたい。

私は、自分はそれなりに英国とつながっていると思ってきた。ロンドンの大学院に行ったし、日本の大学で英国人(EU論を教えていた)教授のアシスタントもした。今の同僚にも英国人はいるし、今歌っている合唱団の指揮者は英国人だ。そして私の英国人の知り合いは、皆英国のEU残留を支持していた。

しかしよく考えてみると、私が知っている英国人像は偏っていることに気づく。彼らは学歴が高く、都会に住んでいて、国際感覚豊かな人たちばかりだ。外国人からするとそういう人たちと接することの方が多いが、これとは違う英国人もいる。それは地方に住み、生活が楽ではないが、地元愛が強く、人とのつながりを大事にするーそんな人たちである。そしてまさに、このような英国人がEU離脱を選択した。彼らはロンドンっ子と違って、EUが彼らの生活に直接便益を感じていない。都会の人と田舎の人はお互いを理解できず、溝が広がっていく。

英国のEU離脱は、このような「田舎の人」の反旗とみることができる。英国が最も心配すべきなのは、このような国内の溝が修復不可能なほど深まってしまうことだ。今回の国民投票でできた溝の修復にはしばらく時間がかかるだろうし、溝が埋められなければ英国自体が分断という自体になりかねない。スコットランドはEU残留派が強いため、(以前に否決された)スコットランドの独立投票をもう一度やり直すと言っている。そしてこれは、英国だけの話ではない。米国にも同じような分断ができ始めており、トランプ氏はその分断の最前線にいる。世界を知り、アメリカをより良くしていこうという人々がいる一方で、移民やら戦争やら自由貿易やらややこしいことに巻き込まれずに、普通の生活を守りたいという人々も確実にいる。これは日本や他国でも大なり小なり同じ傾向があると思う。

私は根っからの都会っ子だし、国際的な人の部類の入るだろう。私のような人々は、旅行ぐらいでしか田舎にいく機会がない。となりのトトロの映画のような生活に憧れがあるが、基本的に私は田舎の普通の人の生活や考えについて極めて無知である。このうような無知な人が増えていおけば、最終的には国を分断しかねない。世界的に都市化が加速していることを考えると、この分断はより深くなるだろう。

では、どうすればいいのか。第一歩としては、都会人が、外国だけでなく自分の国の田舎をよりよく知ることだ。テレビやネットで見るだけでなく、実際に足を運び、観光名所ではないごく普通の生活や人々と接点を持つことだ。世界的に大都会はどこもある程度似たような感じになりがちだが、地方・田舎に行くと、その国独自のカラーが出てくるし、またその国の本質により近づくことができる。それはその国の全体像を理解するうえで、欠かせないものだ。私は仕事柄アフリカに出張することが多いが、アフリカにおいて田舎と都会はまるで別世界のようであり、田舎を見ずして国を理解した気になってはいけないと常々気をつけている。

英国のEU離脱より重要なこと、それは各々が自国をより理解することだ。都会の人々が良くも悪くも田舎を理解し、国の全体を理解し始めたならば、より良い世界作りにに少し貢献できるのだろうと思う。

広告

ukendayo について

I am curious about Wordpress.
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中