国連Rio+20会議での新たな伝説のスピーチ

このスピーチには、感動した。ずっと自分が持っていた疑問を、見事に表現してくれた。良い英語訳を提供してくれたThe Wander Life と、日本語訳を作ってくれたHana.bi にまず感謝。自分に言葉にする意味も兼ねて、自分の手ででもう一度日本語訳してみた。

2012年6月20日 ウルグアイ共和国大統領ホセ・ムヒカによる、国連Rio+20でのスピーチ

訳:碓井健太

ご来場の世界各国の代表の皆様、ありがとうございます。ブラジルの皆様と、ディルマ・ルセフ大統領にも感謝いたします。そして、私より前に、ここに立って演説された全ての熱意ある発表者の皆様に感謝致します。

我々はここで、国や組織を代表する者として発言しています。困難に陥っている人類が、何かに合意できる可能性に掛けているわけです。

しかしながら、お伺いします。今日の午後中、我々はずっと持続可能な発展と、大規模な貧困削減について話してきました。

心の中で、何か違和感を感じるのはなぜなのでしょう?これが、裕福な社会をもとに作られた発展と消費のモデルだからでしょうか。

一つ伺いますが、インドの各家庭が、ドイツの家庭と同じだけ車を持つようになっったら、この星はどうなるでしょうか。息をするための酸素がどれだけ残されるでしょうか。さらにはっきり申しますと、今日の世界に、70億、80億の人々が西洋の裕福な社会と同じぐらい消費・浪費をするだけの原材料があるのでしょうか。それとも、いつか考え方を改める必要が出てくるのでしょうか。

市場と競争が産んだこの文明は、爆発的とも言えるモノの豊かさをもたらしました。しかし市場経済は、市場社会も作り出し、グローバリゼーション、すなわち、世界中とのつながりをもたらしたのです。

私たちは、グローバリゼーションを支配できているのでしょうか、それとも、グローバリゼーションが我々を支配しているのでしょうか。過酷な競争が支配する経済の中で、連帯や、共存共栄といった話ができるのでしょうか。人類愛とは、実際のところ、どこまで可能なのでしょうか。

このようなことを言うのはこの会議の意義をを否定するためではありません。むしろ逆です。我々が対面している大問題は、環境の危機ではなく、政治の危機だからです。

今日、人類が放った市場の力は、制御不能に陥っています。暴走した力は人類を支配しています。人生もです。

私たちは、発展するために生まれてきているわけではありません。幸せになるために生まれてきているのです。人の命は短く、あっと言う間です。生命より価値のあるものなと存在しません。これは、根本的に大事な点です。

「より多く」消費するために身を粉にして働いている間に、人生は過ぎてしまいます。消費が社会の原動力ですから、消費が止まれば経済は停滞し、皆の前に不況という魔物が現れるのです。しかし、この「超」消費こそ、この星を破壊しているの張本人なのです。

この「超」消費社会は、より多くを売るために、短い寿命の商品を必要とします。そのため、電球は1000時間しか持ちません。10万時間持つ電球があるのに、です!使い捨て社会を存続させていくために、長持ちする電球は市場が消し去る。このようにして、我々は悪循環に陥っていきます。これは政治の問題であり、社会の別のあり方に目覚めるべき時ではないでしょうか。

石器時代に戻れといっているのではありません。しかし、今のように市場に支配され続けることはできません。市場を、支配する側にならなければならないのです。だからこそ私は、我々が対面している問題は政治的な問題だと、僭越ながら思うのです。

昔の賢者達、エピクレオ、セネカやアイマラ民族までこのような事を言っています。「貧しい人とは、少ししか持っていない人のことではなく、無限にもっと、もっとと欲しがる人の事だ」と。これは、文化の問題です。

今この場でで行われている合意に向けた努力を私は尊重しますし、国の代表として、支持します。私がここで言っていることは耳障りかもしれません。しかし、水危機や、環境破壊が問題の根源でないことに気づく必要があります。見直すべきなのは、私達のライフスタイルなのです。

私の国は小国ですが、生活に必要な自然資源に恵まれています。私の国には300万強の人々しかいませんが、1300万頭の牛がおり、質は世界最良とも言われます。800万から1000万頭のヤギもいます。食料品、乳製品、肉製品を輸出し、国土は準平原で、土地の90%は肥沃です。

我が国の働き手は、闘争の末、1日8時間労働を勝ち取りました。今は、1日6時間です。しかし、6時間働いた人は、その後もう一つ仕事をするため、前よりも長く働いているのです。なぜか?バイクや車、その多諸々のローン返済のためです。支払いが終わった時、彼らはいつの間にか私のようなリューマチの老人なってしまい、人生はもう終わりに近づいています。そして、こう問いかけます:これが人生なのか、と。

私のメッセージは単純です。発展は、幸福を犠牲にしてはならないのです。発展は人間の幸福、生命への愛、人間関係、子供の世話、友情、最低限のニーズの充足、といったことに貢献すべきなのです。なぜなら、幸福こそが、最も大切な宝物だからです。環境のために戦う際には、環境の重要な一部として幸福があることを、忘れてはなりません。

ありがとうございました。

広告

ukendayo について

I am curious about Wordpress.
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

国連Rio+20会議での新たな伝説のスピーチ への6件のフィードバック

  1. Tomo より:

    再訳ありがとう!貴兄らしい言葉になってますね!改めてこの演説の重さを感じました!

  2. ピンバック: 2012年6月20日 ウルグアイ共和国大統領ホセ・ムヒカによる、国連Rio+20でのスピーチ « 闇の向こう側

  3. ピンバック: 2012年6月20日 ウルグアイ共和国大統領ホセ・ムヒカによる、国連Rio+20でのスピーチ « 闇の向こう側

  4. ピンバック: 2012年6月20日 ウルグアイ共和国大統領ホセ・ムヒカによる、国連Rio+20でのスピーチ « 闇の向こう側

  5. ピンバック: 「途上国開発とそのジレンマ」ゲスト講義 | U-Ken's Northwest

  6. ピンバック: 「世界一貧しい大統領」と呼ばれたホセ・ムヒカさんが、ついに日本にやってきた - 四つ這いおとな

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中