3月31日:UNFCCC会議侵入成功

特派員の証明書がまだ届かない。偵察も兼ねて会議場に行ってみるが、やはりだめだった。受付で写真とバーコード付きのカードをもらわないと、入場できない。裏口から回りこめないか、とか、上の階の非常階段から降りていけないか、とか、ホテルのボーイに成りすまして入場できないか、とか、誰かにカードを貸してもらえないか、など考えてみたが、無理がある。止むを得ず、ひとまず退散。

次に、同じくボンで催されているユネスコの会議場に行ってみる。しかし、こちらも同じ理由で入場できない。公開イベントもあると聞いてきたのだが、どうもこれは会場の外で行われているものすごく小さなものらしい。でも折角なので、その小さなイベントをやっているNGOの人と話てみる。

その団体は、学校からの要請に答えて、小学校で環境教育をする団体のようだ。神経衰弱を用いた学習(緑と赤のカードがあり、緑は環境に良いこと、赤は環境に悪い絵が描いてある。たとえば、赤いカードに自動車が、緑おカードに自転車が書いてあったりする。これらを組み合わせて点を稼ぐゲーム)、ボードゲーム(上面が空いている迷路の箱にボールを入れ、箱を傾けてゴールまでボールを持っていく。所々に中が見えない箱があり、3つの入り口がある。すこでクイズに答えて、正しい答えだと先に進めるが、間違うとボールが床下に落ちてふりだしにもどる、というやつ)。

いずれも単純ながら、多分自分では思いつかない発想だと思う。このような人たちが会議に参加できないのは寂しいものがある。

夕方、ネットカフェでやっと証明書をゲット、印刷。プレスの人が普通は持っている「プレスパス」というものがないのでやや引っかかるも、「インターン始めてまだ一週間しか経ってないから、パスがないんです」という設定にして、何とか多めに見てもらう。顔写真を取り、やっと入場書をゲット!感動の瞬間。

我ながらよくこの思いつき行動で入ることができたと思う。雑誌の編集者、トムさんに感謝。

会議をいくつか見てまわる。資金について、削減目標について、適応について。

詳細はまた書きます。そういえばロンドンでG20始まったけど、あっちは何をやっているんだろう。

広告

ukendayo について

I am curious about Wordpress.
カテゴリー: イギリス環境留学(LSE) パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中