学問と旅。

今日、久々にあった友人と昼飯を食べた。

その友人がぽろっと言った言葉が印象に残った。「本って、読まなきゃいけないってなると苦痛だよね」

確かにそうだと思う。読みたくもない本を読むのは苦痛だ。しかし、それでも読まなければいけない時がある。逆に、読んでいるとどんどん吸い込まれていく本もある。

大学院での勉強は、ほとんどが自ら読書することによるものだ、と自分は思っている。学部時代、僕は自ら積極的に本を読みにいく、ということがあまりなかった。代わりに、たくさんの科目を取った。「興味があるなら、できるだけ多くの科目を取っておこう」と思っていた。この方針は、アメリカ留学時も同じだった。

しかし、今となると、必ずしもこの考え方は正しくない、と考えている。「授業は、必ずしも学びのベストの形態ではない」ということだ。授業は一回90分。この時間の中で伝えられることなんてたかがしれている。まともな授業なら、授業の前にそれ相応のリーディングをさせて、授業でそれをさらったり議論したりするだろう。

これを考えると、授業というのは読書というメインの勉強についてくる、付録にすぎない。そして、90分を授業に使うよりも、読書していた方がよほど勉強になる、ということも十分あり得る。これで大学に来るために往復二時間費やしているとすれば、かなりいい授業でないと割に合わないということになるだろう。もっとも、授業には勉強のペースメーカーとしての役割もあるが、院生になってまで授業がないと読書をしない、というのはおかしい。本は、別に授業に行かなくたって読めるのだ。

だから、今期はあえて授業をあまり取らないことにした。それより、自分の専門としたい分野の論文や本をがっつり読んでいこうと思う。また、誰か経済に強い人を捕まえて、個人チューターをしてもらおうと思う。その方が、拘束時間の長い授業よりもおそらく自分に必要なことだから。

ふと思ったのが、勉強する、学問をする、って旅のようなものなのかな、と思った。

自分の興味のあることで、議論したり、論文や本を呼んだり、フィールドにいったりする。これが学問の旅。

授業は何だろう?これは、旅行会社のみたいなもので、社員(教授)が旅先ののスナップショットを見せながら、どこに何がある、ここは○○がみどころだ、などと教えてくれる。教科書は、ガイドブックだろう。写真や文を入れ混ぜて、おすすめスポットや、「これ絶対みるべき!」といったところを紹介してくれる。ゼミは、同じところを旅行する旅行仲間の集まる宿みたいなものか。レポートは旅行記にあたるだろう。

こう考えると、授業に出て教科書を読むだけでは実は不十分であることがわかる。それは、旅行会社の人と話してガイドブックを見ているだけで、旅ではない。ただ、いってみたいなーで終わってしまう空想旅行だ。そうではなくて、自分から読んでいくことで、旅にでるべきなのだ。旅行会社やガイドブックはその助けとしてあるのだ。

授業で指定された文献だけを読むにも勉強になるが、それは行き先の決まったツアーに参加しているようなもの。旅の醍醐味は、自分でふらふら面白そうなところに行ってみることだと思う。

では、もし学問=旅 であるのなら、学問で一番大事なことは何だろう?

それは、楽しむことであるはず。

旅は、自分の好奇心が膨らんで、我慢できなくて行くもの。もしそれが誰かから強制されるものだったり、自分が楽しくないのであれば、それは「出張」であり旅ではない。

これから、また新しい世界に旅立っていきたいと思う。

広告

ukendayo について

I am curious about Wordpress.
カテゴリー: ワセダ パーマリンク

学問と旅。 への6件のフィードバック

  1. より:

    理学部的には、君の今みたいな認識を持ってない奴は、学部1年か2年のうちに留年確定です。授業に出ていればオッケー、なんてとんでもありません。

    私の同期も6割弱の人が「もしかしたら、ひょっとしたらひょっとして4年で卒業できるかもしれないよ」と言われて尻を叩かれています。そんなふうだから、いつもたいてい、時間が足りません。バイトなんてやっていられない(でも、去年の件は、ごめんよ)。読むべき本、追うべき数式があまりにも多すぎる。逆に授業で一日が潰れて、勉強なんてできやしない、コノヤロー、という気持ちになってきます。

    数式を追うのも旅と同じです。自分なりに展開していかなければ、分かるようにはなりません。地理を知ることはできないのと一緒です。そのために、4年と言う長~い期間を通して、ずっと物理をやり続け、考え続けるのです。そのうち、4年間凡庸な授業に出ていただけの大学生とは、取り返しの付かないほどの差が生まれてきます。

    おたがい、頑張りましょう。

  2. U-Ken より:

    >楳

    授業に出ているだけのは不十分ってことじゃなくて、「授業に出るのは必ずしも重要じゃない」って行ったかったんだがな。でも、単位や成績は必要だから、もちろん出るんだけど。

    理工学部はやっぱり大変みたいね。俺も負けないよう頑張ります。

  3. より:

    う~ん、でも「授業はガイドブックみたいなもの」というからには、やっぱり授業に出るのは完全に無意味ではないと君も思ってるみたいだ。勉強全体のなかで授業の占める割合と言うのは実に小さいものだと僕も思うよ。けれども、「重要じゃない」と言い切られると、「いやいやいや、ちょっとそれは」と思ってしまいます。

    しかしね、90分の授業を受けたあとで、「あ~、何にも得るところがなかったな」という時の失望感と時間を無駄にしちゃった感ていうのは、すさまじいものがあるよね。

  4. burotne より:

    高校のときから、義務教育じゃないって意識してきてけど、もう大学院になってしまった。。。。義務教育じゃないって意識は、もう既に当たり前なわけで、その上で、自分がこれまで大学でやってきた4年間の少ない知識を活用して、自分なりの考えをどんどん進めていくことになるのかな。
    学ぶ楽しさはその昔からもっていたけど、こっからは、実力が必要になってくると思う。旅に行って、「たのしかった♪」 じゃ済まされない時期になったように感じるよ。素晴らしい感想・記録を残すために何をしたらよいのか。。。? やっぱり、、授業のときも読書のときも、濃厚な時間をいつも過ごせるようにって、いつも考えて行かなくちゃいけないような気がする。(←やっぱり、自分はまだ義務を感じているのかな。。。汗) 

  5. ko より:

    この間、上級科目の授業で教科書のコピーをを眺めていたら、
    「何読んでるの?教科書?この授業教科書あったんだ!」
    といわれて、結構がっくり来ました。そういう態度でいいのかな。
    授業は教授の趣味しか話さないので、教科書の内容だけが、
    知的好奇心を満たしてくれます。

  6. Clare より:

    Hey Kenta!
    Great pic, but don’t understand a word = =’

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中