卒論提出。

3日前に、無事卒論を出すことかできた。

僕の卒論のテーマは、「水と風:CDM中国の地方開発に貢献するか?」というものである。 CDMとは、「クリーン開発メカニズム」のことで、京都議定書で規定された仕組み。要は、「先進国は途上国に温暖化ガス削減プロジェクトを行って、その削減分の排出権を買うことができますよ」というものである。最近よく、どこどこの会社が中国から排出権購入といったニュースがあるが、それはすべてCDMでのだ。

このCDMという仕組みは、確かに温暖化ガスを安く減らせるというメリットがあるんだけど、これが途上国の求める技術移転や地域への便益を生み出しているか怪しい、という問題がある。これが、僕の卒論のテーマの素となっている。

僕はこの問題を、CDMが中国の地方開発につながるかどうか、という問いによって答えようとした。つまり、中国の貧しい農村地域は、CDMによる便益を受けられるのか、という問いだ。

そのために僕は、中国で行われているCDMプロジェクトすべて、133個をかき集め、それぞれのプロジェクト文書がどのような地域への便益を記しているか、ということを分析した。結果は:

・中国のCDMは、風力と水力によるものが多く、それらのプロジェクトは都市よりも地方の、一人当たりGDPが低いところにおいて行われる傾向にある。

・それらのプロジェクト文書によれば、プロジェクトは、インフラ整備、エネルギーアクセスの改善、大気汚染の改善、雇用創出 などの効果を地域にもたらすことが分かった。

上二つの結果から、CDMは、中国地方開発に 役立つ、と結論づけた。

まだまだできることはたくさんあったけれど、それなりに面白いものが書けたと思う。もっと掘り下げていけば、ちゃんとした論文もなりうるかもしれない。

しかし、論文を書くというのは勉強になる。ただのレポートとは違うから面倒で時間がかかるけど、それでも自分に大きな収穫になったと思う。

卒論本文はこちら。コメント歓迎します。

Wind and Water: Can Clean Development Mechanism support rural China?

http://www.u-ken.com/thesisfinal.pdf

広告

ukendayo について

I am curious about Wordpress.
カテゴリー: ワセダ パーマリンク

卒論提出。 への2件のフィードバック

  1. Rina より:

    すごい!!!!
    構成がすごいね!!!
    うわぁ〜すごいわぁ!

  2. きなこ より:

    英語だから、読めません………。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中