フラット化する世界

フラット化する世界(上)フラット化する世界(下)

The World Is Flat: A Brief History Of The Twenty-First Century
結構書店で見かけた人も多いかもしれない、この本。あえて英語版で読んでみた。日本語だと倍以上金かかるから・・・でも、結果的に読む時間も倍以上かかったw

最初はIT系の話が出てくるが、、話がどんどん膨らんでいって、教育、テロリズム、開発などに広がっていく。このフラット化というのは、世界がIT技術によって結ばれていき、地理的な制約にとらわれずに「最高の仕事を、最も安く」する人に仕事が行くようになる、ということらしい。

それは、競争がより激しくなることを意味する。例えば労働力の安いインドのプログラマーと、インターネットや作業用ソフトウェアを通して 仕事を依頼し、協力体制を築いていける。それは、隣にのビルの会社よりも、地球の反対側にいる会社に仕事を依頼する可能性が十分にあるということだ。賃金の高い国で働くならば、それだけ高度な仕事をしなければならない。単純作業などは、どんどん途上国に回されていく。一部のマクドナルドのドライブスルーのカウンターは、すでにそのようになっているらしい。つまり、マイクで注文を受け、そのデータを遥か彼方の人が処理して、厨房に伝え、品物を出すのを確認する、ということ。IT技術は、どんどん仕事を安いところに流していく力があるのだ。

また、IT技術やPCは、個人の力を格段にアップさせた。これは自分でも感じるのだが、ネットにつながったパソコンが一台あるだけで、出来ることが数倍に広がる。情報収集、遠隔コミュニケーション、書類や広告のデザイン、Web作成、音声編集・・・キリがない。最近、パソコンでできることの幅広さに、改めて圧倒されることが多い。

IT革命は、本当に革命というにふさわしい。ITは、仕事や人間関係、そして人生のあり方を大きく変えている。体が不自由でも、PCがいじれれば無限の世界に旅立てる、そんな時代なのだ。

ちなみにこのフラット化というのは、コロンブスが地球が平らではなく、丸いことを証明したことをもじって、あえて平らである、と言っているのだ。

広告

ukendayo について

I am curious about Wordpress.
カテゴリー: パーマリンク

フラット化する世界 への1件のフィードバック

  1. ko より:

    結構話題になってますよね。その本。
    まだ読んでいないけれど。
    英語版はオススメですか?(笑)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中